go contents

歴史と伝統の町

観光ガイド>自然と歴史が息づく軍威観光ホームページ閲覧/p>

페이스북으로 공유 트위터로 공유

歴史

  1. Home
  2. 歴史と伝統の町、軍威
  3. 歴史
三韓時代
  • 三韓時代は、辰韓の如湛国、ソドゥンブンクックなど部族国家を形成した。
三国時代
  • 新羅初期には奴同覓県
  • 統一新羅時代の景徳王16年(西暦757)に全国に9州を設置し、郡・県の名称を変えるときに軍威県、孝靈県、缶林県として崇善郡(現:仙山)の 領県になる。
高麗時代
  • 顕宗9種(西暦1018)に軍威県、孝靈県、缶林県(缶溪県に変更)が尙州牧に属し、義興郡は安東府属す。
  • 仁宗21年(西暦1143)に再び軍威県、孝靈県、缶林県が尙州牧から一善郡に戻す。
  • 恭讓王2年(西暦1390)に孝靈県が軍威県に属され、缶溪県は義興郡にそれぞれ統合し、監務を置く。
朝鮮時代
  • 太宗13年(西暦1413)には、義興郡を義興県に格下げし、
  • 高宗32年(西暦1896)には、再び軍威県と義興県が郡に昇格。
  • 高宗33年(西暦1896)8月4日、郡令第35号による13道制の実施により、慶尚北道の軍威郡と義興群になる。
日本強占期
  • 西暦1914年3月1日、府令第111号による府・郡・面の統廃合で、義興群を軍威郡に8面を管轄するとき義城郡巢野面(現:仁谷、日向、樂田、加岩、石山、鶴岩)の一部が軍威郡古老面に編入され、
  • 西暦1915年1月1日、府令第173号により義城郡召文面(現:龍臺)が軍威郡軍威面に編入された。
光復後
  • 西暦1973年7月1日の行政区域改編により義城郡金城面グァンヒョン1、2、3洞は軍威面に、善山郡山東面ドサン1、2洞は召保面に編入され、8面177洞を管轄。
  • 西暦1979年5月1日軍威面が軍威邑に昇格(1邑7面)
  • 西暦1983年2月15日の行政区域改編により缶溪面高谷洞、梅谷洞が孝靈面に山城面元山洞、錦陽洞が義興面に編入される。
  • 西暦1988年1月1日、行政区域の調整により山城面花田洞が花田1、2洞に分かれ、同年5月1日付けで洞が里と名称変更される。
  • 西暦1989年1月1日、行政区域改編により召保面大興1、2里が軍威邑に編入される。
  • 西暦1991年1月1日、行政区域の調整により缶溪面大栗里が大栗1、2里に分離され、1邑7面179里を管轄。
  • 西暦1996年3月13日、行政区域の調整により軍威邑西部1里が西部1、3里に、孝靈面高谷里1里が1、3里、缶溪面南山里が南山1、2里に、それぞれ分離されて1邑7面182里を管轄。
  • 西暦2010年3月1日、行政区域の調整により古老面槐山1、2里は槐山里、鶴城2、3里が鶴城里2里、仁谷1、2里が仁谷里にそれぞれ統廃合され、1邑7面179里を管轄。
  • 西暦2012年2月28日の行政区域の調整に応じて孝靈面将軍4里を新設、1邑7面180里を管轄。